読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

為替動向 昨日の動きと本日の戦略

為替市場のサマリーとストラテジーです

2017/02/23 市場動向 昨夜の動きと今日の戦略

ドル円 為替 FX

【海外時間の流れ】
海外時間はユーロが反発。仏大統領選挙をめぐる不安が後退したほか、ポジティ
ブサプライズのない内容となったFOMC議事録を受けドルが下げたことが材料に
なった。仏大統領選については、中道派のバイル議長がマクロン前経済相を支援
するとの地元報道を受け、極右派のルペン氏勝利への期待が後退した。また、
FOMC議事録は「景気が見込み通りなら利上げはかなり早期」、「大幅なインフレ
リスクは低いと大方が判断」、「利上げペース、緩やかである適切」などとされた
が、3月利上げに対するヒントは殆どなかった。

独IFO景況感が強かったにもかかわらず、1.0494ドルまで低下していたユーロ
ドルは、これらのニュースを受けて1.0570ドル台まで水準を戻した。ユーロ円
も118.60円を底値に119.80円台まで切り返したものの、米イベント後にドル
円が上昇幅を失ったため、伸び悩んだ。一方、ドル円はユーロ円の反発をきっか
けに円売りが優勢となり113円半ばまで反発。FOMC議事録後に113.60円台まで
レンジ上限を広げたが、その後は113円割れまで押し戻された。

【本日のポイント】
FOMC議事録の内容は、先日のイエレンFRB議長の議会証言とほぼ同じ内容で、
3月利上げへの明確なヒントはなかった一方で、3月引き締めに一定の含みも残
す格好になっている。投資家の早期利上げ期待が先行していた分、議事録公表後
はドルが売られたようだった。しかし、年内の複数回利上げ見通しは変わってい
ない。114円台回復がままならならず上値の重さが意識される中で112円台への
調整は仕方ないところではあるが、今回の議事録を受けてドル売りを仕掛ける
のも違和感がある。

昨日も、議事録公表後に113円を割れた場面では、相応に押し目買いが入った
感じだった。実際には、パウエルFRB理事が指摘したように3月FOMCまで発表
される経済指標を注視する必要があるほか、トランプ大統領の政策次第の部分
があるため少なくとも来週までは手掛かり難から、112.00-114.00円を中核レン
ジに推移しそう。ただ、超短期では期待外れに終わった議事録後の流れがどの辺
りで終息するのか注目される。

個人投資家動向】USD/JPY
海外時間のドル円は一時112.90レベルまで下落する格好となったが、113円台
前半から112.90台に掛けては顧客からドル買いが断続的に持ち込まれた。

その後、株価の上昇や仏大統領選挙に絡む報等を背景にリスク選好の動きが
まり、ドル円が113.50台を回復すると、同レベルに掛けては流れに乗じてドル
を買う向きと利益確定等のドル売りが交錯する場面も見られたが、全般的には
ドル売りが選好した。

FOMC議事録要旨発表後、ドル円が再び113円割れまで急落する形になると、
113円台前半を中心に纏まったドル買いが入り、112円台後半に掛けてドル買い
意欲が相応に見受けられた。

2017/02/22 為替動向 昨日の動きと今日の戦略

ドル円 為替 FX

【海外時間の流れ】
海外時間はドルが底堅さを示したが、明日の米イベントを前に値幅は限定的だ
った。ドル円は、序盤に利食い売りに押されて113.40円付近へ緩んだものの、
同水準では押し目を買い拾われて逆に113.78円レベルまでレンジ上限を広げた。
株価・金利上昇がサポートになった。また、米複数当局者がタカ派寄りの発言を
したため、明日の米FOMC議事録への期待感を誘ったようにも見えた。

ただ、114円回復に向けて積極的に高値を追って行くだけの手掛かりはなく、上
昇一巡後は113.50円半ばでもち合う格好になった。ユーロは軟調。仏大統領選
挙をめぐり極右政党の国民戦線のルペン氏が対抗馬との差を縮めたことが、手
掛かりとなったもよう。ユーロドルは1.0520ドル台まで低下した。そのほかで
は、クロス円は総じてしっかり。対ドルで円安に振れたことがクロス円をサポー
トした。

【本日のポイント】
ドル円は下値の底堅さが相応に感じられる一方で、上方向もそれなりに重く
112.00-115.00円のレンジ相場が続いている。本日の米FOMC議事録がレンジブ
レイクのきっかけになるか注視したい。

先週、イエレンFRB議長が議会証言で「金融緩和縮小の待ち過ぎは賢明でない」、
「バランスシートに関する戦略を今後数カ月のうちに協議」と述べたためで、市
場では3月の追加引き締め予想も無視できない割合へ上昇してきている。追加
引き締めをめぐる議論もさることながら、バランスシート縮小をめぐる議論が
思った以上に進捗していると受け止められれば、米国の出口戦略をめぐる思惑
が再燃しドルを一段と押し上げる可能性はある。

ただ、FRB議長は「バランスシートの縮小は緩やかな方法で行う」との見通しし
ているほか、トランプ氏の税制策の具体的な姿が見えてこない中でドルを買い
進むにも限界がありそうで、ドル上昇が本格化しにくい展開も予想される。逆に、
議事録の内容が予想よりハト派に振れドルが調整スピードを強めても、中長期
での米利上げ見通しに変化はないためドルの下げも本格化しにくいだろう。結
局はイベントを挟んで振幅しても、28日予定のトランプ大統領の議会演説を控
えて、足許のレンジに回帰する展開になる可能性もある。

個人投資家動向】USD/JPY
東京時間に113.70レベルまで上昇したドル円は欧州時間に入るとやや緩む形と
なったが、113円台半ばでは顧客からドル買い戻しが相応に持ち込まれた。

その後、米債利回りや株価の上昇等を背景にドル円は再び113.70台まで値を上
げる局面も見られ、同レベルでは利益確定のドル売りが先行する格好となった
が、全般的に値動きが限られていたこともあり、取引は短期の売買が中心であっ
た。

2017/02/21 為替動向 昨日の動きと本日の戦略

ドル円 為替 FX

【海外時間の流れ】
海外時間の為替市場は北米勢が休暇中とあって様子見ムードが強く、各通貨ともに積
極的な取引は手控えられた。ドル円は113円前半、ユーロドルは1.06ドル前半、ポンド
ドルは1.24ドル後半の限られたレンジで振幅する程度だった。

また、仏大統領選挙をめぐり国民戦線のルペン党首の支持率上昇を伝えるニュースが
流れたが、市場の反応は殆ど見られなかった。

【本日のポイント】
先週のイエレンFRB議長の発言を受けて、米利上げタイミングをめぐってはいくらか前倒しの雰囲気が出てきた。ただ、「驚異的」と誇らしげに語るトランプ氏の税制案の内容を確認するまでは、米利上げ期待だけでドルを買い進むのも危険で、実際のところは上下どちらにも動き出しづらくなっている。手掛かり待ちの状態と言える。

本日は複数経済データの発表や当局者の講演を受けた株価・金利動向を眺めながら
の振幅になりそうだが、余程インパクトのある結果にならない限りは、市場への影響は軽微だろう。各通貨とも大きく水準を変える展開は期待しづらい。ドル円は、113円を中心としたレンジ相場を継続させながら、次なる方向性を探る格好になりそうである。

個人投資家動向】USD/JPY
海外時間のドル円は、北米市場が休場となる中113.00-20レンジを中心とした小動き
に終始する形となり、顧客の動意も短期売買が散見される程度に留まった。

2017/02/17 為替動向 昨日の動きと本日の戦略

為替 FX ドル円

【海外時間の流れ】

外市場はドルが下落。直接的なドル安要因は見つけづらかったが、米金利が2.5%を割り込んだことがドルを圧迫したもよう。ドル円は、好調な米雇用指標や底堅い住宅指標を受けて113.80円台までの戻りを試す場面はあったが、米金利低下に加えて株価にも調整売りが入ると上昇の勢いは失速し113.09円レベルまでレンジ下限を広げた。また、ユーロドルは1.06ドル後半まで上昇した。クロス円は、ドルに対する円高の流れが上値を抑えユーロ円は120.60円台、ポンド円は141.20円台までレンジ下限を広げた。

【本日のポイント】
昨日のドル安については、目立った材料が見受けられたようには感じられなかったが、トランプ大統領の側近の辞任などで政権運営に対するが混乱から、減税・インフラ投資策への悪影響を与えるとの不安があるのかもしれない。また、20日がプレジデント・デーの祝日で米国勢はロングウィークエンドとなるため、早めにロングポジションを手仕舞ったとも予想できる。

この下げを115円付近までの戻りを試した後の調整と見れば、水準感だけならかなりいいところまで下押ししたイメージはある。それなりにドル買いは入ってきそう。ただ、115円回復は果たせず、113円割れも達成出来ずとなると、消化不良のディーラーも多いのではないだろうか。週末を控えた調整の流れに乗じて113円割れを試す雰囲気はなくなっていない。目先は、113円の攻防が注目されるだろう。もっとも、直近の米ファンダメンタルズを踏まえれば、今年2-3回の米利上げ見通しはこれまで通り変わっておらず引き続きドルの下値はサポートされるため、ドル円の下値が一方向で広がるとも考えづらい。

個人投資家動向】USD/JPY
外市場のドル円は、米経済指標の結果等を受け一時113.80台まで小反発する形となったが、本日は114円台からの下落を見ていることもあり、113円台後半での顧客の動意はドル売りが優勢。

その後、株価や米債利回りが低下し始めるとドル円は値を崩し、113円台半ばを割り込む辺りからは損失確定のドル売りが断続的に入る場面も見られたが、113.10-30レベルではドル買い戻しが相応に持ち込まれる格好となった。